HOME > スポンサー広告
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 富士見ファンタジア文庫 > 火の国、風の国物語
2011-01-13(Thu)

火の国、風の国物語5 王女勇躍


サブタイトル通り王女の活躍が大半だ。
それは幼少の頃の話もあり、大きくなってからの話もある。

王女の性格は筋の通ったものであり、アレスとは違った一本気を感じる。
また、その性格ゆえに危なっかしい面もあり、
アレスがてんやわんやすると言う珍しい場面もあった。

本筋に関係するところは後半だけなので、
前巻のこともありちょっと盛り上がりに欠けるかな?
まぁその後半がかなり盛り上がっているのだけど。

作中出て来るアレスのセリフの一つに
アレス『よろしいのですか?』
相手『は?すみません、どういうことなのでしょうか?』
アレス『私を止めるのにたった一万でよろしいのかと、そう申し上げているのです』
とある。
このセリフに吹き出すか、それともさすがと思うのかは読者次第だ。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。