HOME > スポンサー広告
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 富士見ミステリー文庫 > ROOMNO.1301
2011-01-07(Fri)

ROOM NO.1301〈10〉管理人はシステマティック?


「ねえ、健一。エッチしようか?」
そんな日奈の言葉の真意はいったい何だろうか?

どんどんと進んでいく『別れ』。
一度動き出した歯車は止まることが無く、
登場人物達の思いとは関係なく回る。

秘密の13階は住人が『大人』になった時に出て行くこととなり、
その後は決して再び出会うことがなくなるという。
だけど『大人』になることは必然であり避けられない事実だ。

そして登場人物達の親という『大人』を登場させることによって、
現状とその先を結びつけている。
ああ、大人はこう言う考え方も出来るんだな。

そんな怒濤の展開なのでこの10巻と次の11巻は続けて読むのが良いと思う。

あ、あと裏表紙のケーキの中に健一の彼女が潜んでいる?


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。