HOME > スポンサー広告
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ファミ通文庫 > 鋼鉄の白兎騎士団
2010-04-02(Fri)

鋼鉄の暗黒兎騎士

鋼鉄の暗黒兎騎士 (ファミ通文庫 ま 1-2-1)
舞阪 洸
エンターブレイン
売り上げランキング: 108299


抜群に面白かった。
ただし、僕みたいにこのシリーズが好きな人に限る。

本のタイトルかららわかるようにこの本は『鋼鉄の白兎騎士団』の短編集だ。
内容は8本の短編と、なんと!巻末にはコミックが付いているというとんでもない構成。
まさかラノベの挿絵が漫画になるまで増えるとは思わなかった。

短編のテーマは『出会い』だろうか?
出会いと言えば1巻で雛小隊の面々が出会った事を思い出す。
今回の短編はそれ以前の登場人物達についてだ。
白兎騎士団に入団する以前にも知り合いだった、そんな人達の話。

他には西洋風の騎士団の中で珍しく東洋風のスタイルであるヨーコが、
騎士団中最凶最悪の戦士、アルゴラと出会った場面とかもある。
巻頭のカラー挿絵にアルゴラが出てくるんだけど、
僕がイメージしていたのとは違った感じだった。
もっとこう筋骨隆々な感じを想像していたんだけど・・・。(これまでに挿絵で出て来たっけ?)

読む上での注意点として既刊の9巻までは読んでおく方が良いと思う。
登場人物の関係がわかってないとイマイチな読み応えになるだろう。

今回は感想が長くなってしまったが、ついでにもう一つ無駄知識を。
作中に『一旬日』と出てくるがおそらくこれは『10日間』の意味だろう。
月の上旬・中旬・下旬とあるように、
旬というのは30日を3個に分けているのである。
つまり、野菜の旬は10日間くらいだよって事だ。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。