HOME > スポンサー広告
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 富士見ファンタジア文庫 > BLACKBLOODBROTHERS
2010-02-22(Mon)

BLACK BLOOD BROTHERS〈2〉 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区鳴動―



熱中するほどではないが、静かにゆっくりと読みたい作品だった。

多くの人が吸血鬼と言えば血を吸い、吸われた人間がまた吸血鬼になる、と言う事を知っている。
この作品では吸血鬼をさらに細分化し、その特性の違いを明確にする事で勢力を分布させている。
それにより単なる力のぶつかり合いだけではなく、知力の戦いも書く事に成功したようだ。

また、作中には『赤』や『銀』と言った色の単語がよく出てくる。
それも作品の雰囲気を作る上で役立っているように思った。

前巻に比べると少しおとなしめだが、ここが大事件の発端に当たるらしいので三巻へと読み進める事にした。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。