HOME > スポンサー広告
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > MF文庫J > 銃姫
2007-11-24(Sat)

銃姫〈3〉Two and is One

銃姫〈3〉Two and is One (MF文庫J)
高殿 円
メディアファクトリー
売り上げランキング: 32662



前巻で無事魔法が使えるようになったセドリック。
しかしその過程で自分は何者かと言う疑問を持った。
そして自分は何ができるのかと悩む。

そのころアンブローシアも自分の立場について悩んでいた。
今は亡き国の王女として。

修道女であるエルウィングも”何か”に悩んでいた。
その”何か”はとても重要なことであるのだが、エルウィングは解決することができない。

それぞれの進む道が大きく分岐する銃姫第3巻。
本人達との意思とは無関係に戦争へと巻き込まれていく。

この巻は次の4巻にも続くように前後半で構成されている。
登場人物も増えそれらがどのように書かれるのかとても楽しみな一冊だ。
「決闘」などのバトルも盛り込まれ面白い一冊となっている。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。