HOME > スポンサー広告
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 富士見ファンタジア文庫 > 殺×愛
2008-09-06(Sat)

殺×愛1 ―きるらぶONE―

殺×愛1―きるらぶONE (富士見ファンタジア文庫)
風見 周 G・むにょ
富士見書房
売り上げランキング: 111515


前巻が舞台への登場シーンだとすると、今巻からやっと物語が進行し始めることになる。
内容としては物語の理解を助けるための細かい部分の説明と言ったところだろうか?

またそれに関して、日常が描かれているのが重要だと思う。
しかし、主人公に感情移入することはなかなか出来ない。
なぜならどうしようもない奴だからだ。
死ぬことが出来ない故に生きておらず、停滞しているからかも知れない。
それに対して有栖川咲夜は、二人の距離を縮めようとする。
この二人のギャップが読者を話へと引き込む要因だろう。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。