--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-01(Sun)

神さまのいない日曜日


んー何とも言えないな。
ファンタジア大賞受賞作品なので話はかなりしっかり出来ていた。
個人的には同じファンタジアなら佳作受賞作品『これはゾンビですか?』の方が断然好みだ。

で、僕の好みの話は置いておいて作品の感想へ。
この作品は『神』という存在が消滅し、『死』と言う概念が存在しない世界を舞台としている。
死がない、つまり不死なんだけど、それは理想的な不死ではなく普通の死の時点で生ける屍とかし、その後はリビングデッドとして腐り落ちていく。
世界はうごめく腐乱死体に覆われ、生ある人間達は怯えながら暮らす。
そんな死体を本当の意味で死なせることが出来るのが『墓守』という存在だ。

主人公の少女はその墓守で、とある街で墓穴を掘っている。
そこにぶらりとやってきた『人食い玩具』と名乗る少年が村人を皆殺しにする。
主人公の少女はその場に居合わせなかったので助かるのだが、
少女一人で生きて行くには厳しい世界なのでその人食い玩具について旅をすることになる。

なぜ自分の村の人々を殺した人間に付いていくのかがイマイチわからないんだけどそこは置いておく。
この作品では最後の方まで村人が皆殺しにされた理由が明かされない。
それは延々と謎を追いかける漫画の『MONSTER』を彷彿とさせた。

理由はわからない、でも生きていくためには進むしかない。
そんな世界での唯一の救いは『死』なのだ。
そんな救いのない世界でどんな展開が待つのか、それが読むべきところだ。

スポンサーサイト
2010-08-05(Thu)

天国に涙はいらない〈7〉魔女(へくせん)爺合戦


今度は魔女っ娘か。
このシリーズの戦闘力はいかほどまで上がるんだっ!!

人間の歴史を見ると魔女というのは異端の存在で、
その存在自体が罪として迫害されてきた。
そんな魔女がS級悪魔のたまちゃんを使役し暴れまくるのが今巻。

しかし、どこかずれたような行動原理が危機感を表現しつつお笑いを忘れさせない。
まぁいつも通りギャグに溢れているという話だ。

本筋とはまったく関係無いけど、
表紙を開いたところの絵が着せ替えになっているのでそう言うのが好きな人は良いかも?

2010-08-06(Fri)

ROOM NO.1301〈5〉妹さんはヒロイック?


今回は主人公の周りに変態が集まるという話。
位置づけ的には前巻の続きで後編なんだけど、
言うほど強い繋がりは感じない。

主人公の彼女とのデートの話でいつもの一面を書いているが、
前巻での新しい登場人物との絡みで違った一面も書かれている。
今後どちらがメインになるか、それとも主人公の性格通り両方を選ぶのか。
どちらに転がっても言うほど違いはないんだろうなぁ。

2010-08-09(Mon)

ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん


本筋とは違う感じの短編集。
いたって『普通』の綾や、これまで本筋では出ていない刻也の彼女が出てきたりする。
登場人物は本編に依存するので、5巻まで読んでから読まないといけない。

それぞれの短編が本編の合間に入っている感じで、
あー裏ではこうなっていたんだなと補完できる。

ただ、ストーリーみたいなのは皆無なので、
良くある短編として読むのはちょっと難しいかな?

2010-08-10(Tue)

ROOM NO.1301〈6〉お姉さまはストイック!


おねえさんが、かわいすぎます。

在るはずのない13階に住む主人公、そして隣人達。
理由はわからないけど、絶対に別れる事が決まっている。
今回はそんな別れを匂わす内容だった。

登場人物はそれぞれ何かしら『重いもの』を抱えており、
それが在るはずのない13階にやってくる理由になっている。
『重いもの』が解決した時、13階とは別れる事になる。

どの様な解決方法になるかなどは本を読んでね。

感想の冒頭は、エピローグのみの感想です。
なにそのデレ具合。ごちそうさまです。

2010-08-11(Wed)

ドラゴンクライシス!―オトナの儀式


前後編なのかな?
話の終わりに8巻へ続くとあったのできっとそうだろう。

今回はまた新しいドラゴンが出てきた。
表紙の青髪の少女がそのドラゴンだ。

今回の副題にある『オトナの儀式』なんだけど、
話の展開を強引に進めるものだった。
ヒロインのドラゴンであるローズは外の世界を知ってから2ヶ月しか経っていなくて、
その行動や言動に幼さが強く残っている。
それを一気に解消してラブ要素を増やすための『オトナの儀式』だ。

その儀式を一緒にするのが新しく登場するドラゴンというわけ。
これまでとは違ったキャピキャピ(死語)した雰囲気が印象的だった。

2010-08-13(Fri)

ななてんさん。


まさかの3巻で終了だった。

ヘブンズと呼ばれる空中に浮く都市を舞台とした異能力バトル小説(?)だったんだけど、
そのヘブンズの成り立ちが解き明かされ、そして事件が発生する。

異能力を持つ人がなぜ存在するのかもキチンと説明されており設定がしっかり出来ていたと思う。
また、敵方の存在もあってバトル要素もバッチリ入っていた。
ただ少し急すぎる展開で盛り上がりが一瞬にして過ぎ去った気がするお。
語尾に『~だお』ってつけるシックススヘブンが僕のお気に入りだお。

陰謀のにおいをチラホラさせていただけに急に終了した感じの否めないのが残念だった。
シリーズ全般としては急展開以外は良かったと思う。
特に2巻のバトルシーンはよくできていたのではないかと思う。
全3巻なので勢いで読むのもありかも。

2010-08-15(Sun)

パパのいうことを聞きなさい! 2


前巻のドタバタ家族結成話から一回り世界が広がった。
前巻は主人公の友人と空、美羽、ひなの三姉妹だけだった。
今回はそんな三姉妹の周りの友人、とくに空に関する人が出て来た。

まだまだ若い身で三姉妹のパパとなった主人公。
そんなに年が離れていない三姉妹の女の子した行動にドギマギする。
かと思えばキチンとパパとしての顔もチラリと見せる。

話の中で空の友人達が家に遊びに来るんだけど、その辺りからおかしな雰囲気が漂い始める。
友人達の一人がパパのことを変態な男だと思い込み無茶な行動を始める。
それと同時期にご近所さんの女子高生も同様な勘違いをし三姉妹を守るべく動き出す。

話の展開はよかったんだけど、勘違いした人達の行動が人間ではない。
狂ったストーカーばりの勘違い行動を繰り広げる。
そして最後は正論を突きつけて改心させられる。

事件→発展→解決
と言う流れは非常によかったのだが、登場人物に感情移入が出来なかなったのが残念だったなー。
1巻はよかったんだけど。

2010-08-17(Tue)

アスラクライン〈6〉おしえて生徒会長!


サブキャラに焦点が当たった短編集。
新しい登場人物も出てくるけど本筋が進むと言うことは無かった。
それぞれ樋口、杏、生徒会長、そして化學部部長が主役だ。

一番面白かったのは杏の話かな。
良くあるネタで良くある落ちなんだけど、
そのコンプレックスをなおそうとする方法が無茶だ。
あと、年頃の娘を持つ父親の姿が涙を誘う(´;ω;`)

全部で4編入っているのでどれか好みに合う話があるはず?

2010-08-19(Thu)

ぼくと魔女式アポカリプス


雰囲気が暗い魔女モノ。
明るいシーンとかは少なめで、基本的に暗い雰囲気。
またグロい描写もあってそう言うのがダメな人は辛いかも。

内容は『転』の部分がかなりひねってあって読み応えがあった。
始まりは主人公がクラスの女の子から告白されるところからだ。
まったくの傍観者だった主人公がどんどん物語の中心へと落ちていく。

落ちていってからもドンドンくるくると展開が動きまくる。
良くここまでひねれたなと思うほどだ。

気になった点は登場人物の一人称がややこしくて、
時々読み詰まってしまった点かな?

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。