--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-04(Fri)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 1128


挑戦的な作品だ。
こんなピンポイントで狙ってくるのかと。

これは初心者にはオススメ出来ない作品だ。

なぜならターゲットが『自分をオタクだと認識している』オタクだからだ。
作中では、妹がオタクで兄は普通の人という設定なんだけど、
物語の一人称が兄から見る目線で書かれている。
この『兄目線』というのが重要で、
その効果により妹のオタク行動に対して『あ~わかるわかる』となるのだ。
その『あ~わかるわかる』となるのは、読者のオタク度合いによって大きく変わるだろう。

普通の小説よりラノベを読むぜ!
って言う人は読んだら幸せになると太鼓判を押せる内容だった。

また、これまでの作者の作品とは異なり結構熱血っぽい展開となったのが驚きだった。
『十三番目のアリス』では、ほんわかラブコメ時々バトルって言う感じであまりアツい展開は無かったと思う。
そういう意味でも挑戦的だったのかも知れない。

スポンサーサイト
2009-09-11(Fri)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス (2008-12-05)
売り上げランキング: 2436



オタクと言えば夏コミ。
どんな始まりだったとしても、サブカルチャーに触れると必ずそこにたどり着く。
この妹も例外ではなく、その運命からは逃れられなかったようだ。

前巻でオタク友達ができ、反発し合いながらも仲良く充実していた。
その友達たちと濃密な夏休みを過ごすべく、都内某所へ。
その課程で一般人だった兄までもドンドンと汚染されていく。

しかし、何かを得れば何かを失うわけで。
主人公達が話の中で何を得て、何を失うかは読んで見てのお楽しみだね。
ただ一つ言える事はハッピーエンドを目指しているって言う事だ。

2009-09-16(Wed)

丸鍋ねこ改造計画(仮)

丸鍋ねこ改造計画(仮) (MF文庫J)
七位 連一
メディアファクトリー
売り上げランキング: 206539


中盤から面白くなってきた。
無感情少女を笑わせようと奮闘するストーリーなんだけど、
ストーリーが面白いと言うよりは文体がとても魅力的だと思った。

普通で言うおもしろさは、主人公の予想外の行動が読者の想像の斜め上を行く。
それはもちろんの事なんだけど、それを表現している言葉がオードブルみたいに色鮮やか。
きちんと整ったコース料理みたいに綺麗なのも良いんだけど、
この本みたいに色々異なった表現が一つになっているのもまた良い。

ヒロインの一人の『丸鍋ねこ』の秘密があまりにも予想外だった。
そのヒントは本の表紙の膝に乗っている生き物だ。

2009-09-23(Wed)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 1457


今回は『普通の女子』って言う方をクローズアップしたようだ。
その結果、恋愛要素を含んだ携帯小説っていう話になったのだろう。

この妹は前巻で夏コミを体験し、同人活動っていうのを目の当たりにした。
そしてオタク友達も創作活動をしており、妹が創作活動をするの当たり前の流れだ。
普通ならばドージンワークみたいに同人活動への道を想像するのだけど、
ガラッと変えて現実味がある方へと話は進む。

その過程で兄と妹はデートへ出かけるのだけど、
デート中のやりとりが軽快でテンポが大変良い感じ。
このシリーズの特徴となっている若干熱くなる展開も存在し、
山と谷、明と暗、盛と衰がハッキリと読み取れた。

話は逸れるのだけど、作中に結構新しめのアニメのパロディーが出てくる。
そういったネタを知っていると余計に楽しめるよ。
もえたんとかギアスとかね。

2009-09-28(Mon)

ぴにおん!

ぴにおん! (MF文庫J)
ぴにおん! (MF文庫J)
posted with amazlet at 09.09.28
樋口 司
メディアファクトリー
売り上げランキング: 158349


超能力学園物。

登場人物は何かしらの『超能力』を使う事が出来る。
しかし、使用する代償として残念な副作用も存在する。
例えば異様にトイレに行きたくなるとかね。

そして重要な事に超能力を使える男性は存在しないと言う事。
しかし主人公が奇跡の『男性超能力者』である。
それ故に多くの美少女達が寄り添ってくるんだけど、
好意があって寄ってくるわけではないと言う事がキーポイントだ。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。