--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-01(Tue)

おと×まほ

おと×まほ (GA文庫)
おと×まほ (GA文庫)
posted with amazlet at 09.05.28
白瀬 修
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 165062


余裕でだまされたよ(;^ω^)
表紙の絵にね・・・

この作品は魔法少女ものである(一部嘘)。
ひょんな事から魔法少女になって世界を救うことになった主人公。
その容姿はとてもかわいらしく、作中では大変な事に。
文章は読みやすく、シリーズものなのにとてもうまくまとまってた。

あと、絵なんだけどヤスさんが書いてる。
『とらドラ』の挿絵も書いてる人だよ。

スポンサーサイト
2008-07-04(Fri)

おと×まほ 2

おと×まほ 2 (GA文庫 し 2-2)
白瀬 修
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 135343


新しい魔法少女(一部嘘)も加わり賑やかになった。
またお約束のサービスシーンも盛り込まれており、買って損はない一冊になっている。
しかし、高レベルでまとまっているのは確かなんだけど、何というかそれだけな感じ?

そんな中で、魔法少女(一部嘘)の『一部嘘』って言うのがとても重要だ。
僕にはそういう趣味はないはずなんだけど、
ニーズは確実に存在することを感じだ。

他にも戦闘シーンも結構アツく書かれているのでないだろうか?
文章量的にはさほど無いんだけど、内容はしっかりしていた。

2008-07-07(Mon)

おと×まほ 3

おと×まほ 3 (GA文庫)
おと×まほ 3 (GA文庫)
posted with amazlet at 09.05.28
白瀬 修
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 100172


良い最終回でした(まだ続刊します)。

流れよくコメディーパートからシリアスパートへ。
文化祭という設定で暴れる主人公。
いや~ヤスさんの絵は良いですなぁ・・
そして、結構ヘビーなシリアスへ。

今回の話の中心は「いいんちょ」です。
前巻の終わりにあったあからさまな伏線を回収するんだけど、
その中でまた新しい伏線を張っている。
今後、どのような発展をするんだろう?

最後に一つ。
なんか主人公が変なことになるし、総合的に中途なオカマに見えて来た・・・

2008-07-08(Tue)

おと×まほ 4

おと×まほ 4 (GA文庫)
おと×まほ 4 (GA文庫)
posted with amazlet at 10.05.19
白瀬 修
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 239058


今回は短編物です。
合計3本が入ってるんだけど、読んだ感想はあっさりしてるかな?

これまでの巻の構成力から考えて、
各話が短すぎる感じがする。
そこからもうちょっとって所が足りない気がした。
それでも十分おもしろいんだけどね。

レビューでこう書くのはダメな気がするけど、
内容について詳しくは実際の本の裏でも見てもらえれば良い感じ。
ネットで評判調べてる人は、このシリーズが好きなら買いでしょう。

2008-07-10(Thu)

あそびにいくヨ!〈7〉とってもあついのキャーティアシップ

あそびにいくヨ!〈7〉とってもあついのキャーティアシップ (MF文庫J)
神野 オキナ
メディアファクトリー
売り上げランキング: 112711


サブタイトルからもわかるように、キャーティア船が舞台だ。
本筋とは大きく関わりがないけど、キャーティア人がたくさん出てくる。
メインの登場人物に関する人がね。
ほかにもキャーティア人の生態が盛りだくさん(笑)

サービスカットもわりかし多めだ。
まだ、三角関係も変な方向(?)に発展する。
十分楽しい一冊だった(`ω´)グフフ

2008-07-11(Fri)

あそびにいくヨ!(8)

あそびにいくヨ!(8)
あそびにいくヨ!(8)
posted with amazlet at 08.07.11
神野 オキナ
メディアファクトリ-
売り上げランキング: 137360


ストーリーの運びがうまいな~。

人間関係では知名度が上がるにつれて障害が大きくなる。
それは組織としても同じで、キーティア人達の大使館もいろいろな問題に遭遇していた。
現在、大使館は騎央の実家であり、その機能は限界を迎えている。
また、地球へ『寄贈』されたモノも問題の一つだった。

それらの問題をうまく解決へと運んでいる。
あまり凝ったものではないんだけど、作風にもあっており(・∀・)イイ!!

2008-07-13(Sun)

十三番目のアリス

十三番目のアリス (電撃文庫)
伏見 つかさ
メディアワークス
売り上げランキング: 109591


恋愛アクション物です。
ゴシックロリータな感じ?

内容はとしては我の強いヒロインが主人公。
そのあたりは何の変哲もないんだけど、突然謎の敵が襲撃してくる。
最初は理由も分からず一方的にやられるんだけど、ヒロインは実は・・・

って感じだった。
設定としては普通だと思うんだけど、物語の中に適度に引き込まれていく。
ちょっと性格が自分中心なんだけど、好感が持てる。
通して良作である。

2008-07-15(Tue)

十三番目のアリス〈2〉

十三番目のアリス〈2〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ
メディアワークス
売り上げランキング: 277651


今巻はライバルづくしだ。
戦闘の上ではもちろんのこと、恋愛のライバルも登場する。
しかも両方とも圧倒的な戦闘力だ。

そんな中、主人公は自分の至らなさを痛感する。
どんどんと負のスパイラルに落ち込んで行くんだけど、
そこからの復活が良い感じだった。
主人公の性格が好きになれたら読んでスッキリするはず。

2008-07-18(Fri)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫 い 9-1)
入間 人間
メディアワークス
売り上げランキング: 2769


本当に壊れてるし、嘘ついてるな。
だけど最後の最後まで楽しく読めた。

誘拐とか殺人とか、言葉で書くとよくある出来事になってしまった。
しかし、ニュースで見るには他人事であることが、ほぼすべてだと思う。
実際僕はそうだ。

この本はその被害者が主人公となっている。
人と違うって言うのは集団からはみ出され、
筆舌には表せない状況になる。
そんな環境においての救いようのない物語でした。

2008-07-20(Sun)

乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール



読んでしまいました。
噂のおとぼく。
感想を先に言うと非常によかった。

今回のお話は、ゲーム版の後日談。
主人公は宮小路瑞穂がエルダーだった時の妹達。
もうなんて言うか百合ユリですね。

中身は小さい話がいくつか入ってる構成だった。
どこぞが良いとか何とかはなく、好きなら読んで損はない事は確か。
しかし、後日談なので元の話を知らないと、ちょっとつらいかもね。
オススメ。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。