--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-02(Sun)

GOSICK ゴシック

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
桜庭 一樹 武田 日向
富士見書房
売り上げランキング: 44269


ひさびさになんじゃこりゃあああああああああああ
やべええええええええええ

そんなhosimituです。
この本は題名と表紙の絵からはまったく想像出来ない、ミステリー作品と言う・・・

みんな知ってるように、伏線と言うのは物語に読者を引着込む道具みたいな物だと思うんだけど、
ミステリーではミスリードと言うテクニックを使って話を構成する。
今までミステリー系の本を読んだ事がなかったんでこの技法にはまってしまった。

読んでいくうちに伏線とミスリードに翻弄されつつドンドン引き込まれる。
内容はちゃっちいモノではなく、普通のミステリー小説として売り出せるようなものであると思う。
他にも書きたいことがあるけど2巻の方にもこの情熱を向けることにします。
これは絶対に必読の一冊である。

スポンサーサイト
2008-03-09(Sun)

GOSICK〈2〉ゴシック―その罪は名もなき

GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき (富士見ミステリー文庫)
桜庭 一樹 武田 日向
富士見書房 (2004/05)
売り上げランキング: 17090


今回の話はヴィクトリカの出生の秘密が明かされる。
ミステリーでは、もちろん話の内容の謎に迫る。
その上で登場人物の謎も絡めてくるから厄介だ。

ヴィクトリカは世界の混沌を直ちに再構成し、解決する。
そんな完璧な少女はどこか危うく儚げであり、
そんな彼女を守るのは幼さの中にも強さを持つ九城一弥である。

物語の緻密さと登場人物の弱さ。
魅力的なキーワードはこの作品を面白いと思わせてくれる。

2008-03-13(Thu)

狂乱家族日記 伍さつめ

狂乱家族日記 伍さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 25987


毎度の事ながら展開が危ないなw
と、言う事で今回の主役は帝架である。
そんな彼が昔の知り合い『マダラ』に出会うところから始まる。

『伍さつめ』は『六さつめ』と合わせである上下巻構成だ。
なんで出来たら両方一緒に買った方がいいかもね。
続きが気になってうずうずする事間違いなしだ。(消化不良的な意味で)

2008-03-25(Tue)

狂乱家族日記 六さつめ

狂乱家族日記 六さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 54806


前巻の続きである。

世界が未曾有の大事態に陥った。
もちろんその中心は狂乱家族である。
今回は事件の発端ではないのだけど、余裕で台風の目となっている。

解決の方法もぶっ飛んでおり、読者を飽きさせる事をしらないのかと思う。
一応上下巻構成なんだけど複線が全部回収されるわけではない。
続きの巻へと続く重要なキーワードが散りばめられているので、要チェックだ。

どーでもいいことだけど、四さつめから出てきている『プチ凶華』はかわいいね。

2008-03-29(Sat)

ねくろま。

ねくろま。 (MF文庫J)
ねくろま。 (MF文庫J)
posted with amazlet on 08.03.25
平坂 読
メディアファクトリー (2007/06)
売り上げランキング: 15418


さくさく~っと読んでみた感想をば。

基本的にはラブコメだと思う。
ところどころにえっちぃシーンを盛り込みつつ物語は進行する。
キャラクターはそれぞれツボをきちんと抑えているので満足だ。
その中でもヒロインの設定がずば抜けており、今後の話しの展開が気になるところではある。

しかしながら物語の起伏は大きくなく、まだまだ1巻である事もあり序章と言う雰囲気だ。
この作品も今後の展開に期待だね。

2008-03-30(Sun)

狂乱家族日記 七さつめ

狂乱家族日記 七さつめ (ファミ通文庫 あ 8-1-7) (ファミ通文庫 あ 8-1-7)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 37260


ついにやってきた七さつめ・・・じゃなくて来るべき災厄。
その来るべき災厄とは――宇宙人の襲来であったのだ!

災厄そのものの宇宙人とは別に、変てこな女の子もやって来た。
あきらかに怪しい設定の登場人物。
そんな彼ら(?)が狂乱家族と出会うとき無事であるはずが無い。

ラッキーセブンの第七巻の展開は地球にとって、狂乱家族にとってどうなのか。
物語りも佳境に入ってき読みどころ満載だ。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。