--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-01(Sat)

このブログについていろいろ

はじめまして。hosimituです。

このブログは自分が読んだ本の感想を書いているところです。
スタンスとしては内容に深く触れないようにしながら、
その作品を読みたくなるような文章を心がけています。

一応わかりやすいようにアマゾンのリンクを張っていますが、
ぶっちゃけた話、古本屋でも良いんじゃないかと思ってます。
と言うわけで今から本屋に本を買いに走ってください。
ε=ε=ヾ(*゚ー゚)シ  |本屋|

このブログは休みの日に記事を書き溜めて予約投稿してます。
今はストックがあるから毎日更新していますが、
そろそろネタ切れにより超低頻度不定期更新になる予定です(;´∀`)

もし紹介してある作品を読んだ方がいれば簡単なコメントとかを書いてもらえるとうれしいですね。
ただ、ネタバレを含んでいると判断した場合は勝手に削除します。
それからコメントとかはあまり返す事はできないと思います。
忙しいことが多いもので(´;ω;`)ブワッ

ついでに軽い自己紹介も入れときます。
基本ゆるゆるの性格なんで誤字脱字があると思います。
あと言葉遣いが変なこともありますがスルーの方向で。
読む本については好き嫌いはないです(`・∀・´)エッヘン!!
手が伸びたところに本があればそれが読む本です。

最後にお勧めの本とかあればコメントに適当に書いといてください(○ `人´ ○) タノンマスー
コメント残すなんて恥ずかしいわっていうシャイな方は、
拍手してもらえれば他の訪問者に伝わるはずです。

スポンサーサイト
2007-12-01(Sat)

かのこん

かのこん (MF文庫J)
かのこん (MF文庫J)
posted with amazlet at 08.07.05
西野 かつみ
メディアファクトリー
売り上げランキング: 3808



ゆやよん、ゆやよん。

これはなかなかの良作であったぞよ。
ラノベに良くあるジャケ買いした奴なんだけど、面白かった。
ジャンルはラブコメになるとおもうんだけどよくある設定では無い。
女の子の方から、しかも年上のお姉さんが迫るのだ。
しかもその描写が・・・( ´ ii ` )デヘヘ

とにかく、読んだらほのぼのとした気持ちになるし
頭の中はもうデロデロに惚けていることであろう。
2007-12-02(Sun)

シリアスレイジ 〈7〉 未来を受け継ぐ者

シリアスレイジ 7 (7) (電撃文庫 し 11-7)
白川 敏行
メディアワークス
売り上げランキング: 221320



今まで多くの人々と出会い成長した篤志。
しかしそれと同時に多くの敵を倒してきた。
そんな物語ももう終わりである。

一応この巻は前巻の後編である。
最終巻でもあるので伏線を拾って行くのがメインであった。
今までの謎が一気に紐解かれていく。

物語は『伏線』と言う言葉があるように最終的には一つになる編み物のような物である。
だがしかし僕はこの作品を読んで『とても大きな山を下山している』ような感覚を覚えた。
始まりは一つであるのだが到達地点はルートによって異なる。
それは当たり前のことだが振り返ってみないと気づかないことである。

『シリアスレイジ』完結。

2007-12-04(Tue)

護くんに女神の祝福を!

護くんに女神の祝福を! (電撃文庫)
岩田 洋季
メディアワークス
売り上げランキング: 175057



「ビアトリス」と言う、思いが力になる現象が起こる世界。
そんな素敵な世界でのラブコメディを書いた今作。
正直な話あまり期待してなかった。

しかしあっさりその思いは覆されてしまった。
物語の雰囲気はほんわかした感じが主で時々スパイス。
最初はほんわかが面白くなく感じられた。
でもせっかく買ったのだからと読んでいくと、いつの間にか読みきっていた。
そして2巻へと手が伸びてしまっていた。

今回は主人公達の出会いがメインなんで人によってはつまらないかもしれない。
しかしシリーズとしてみた場合面白いと思った。

2007-12-06(Thu)

レジンキャストミルク

レジンキャストミルク (電撃文庫)
藤原 祐
メディアワークス
売り上げランキング: 144524



これは間違いなく良作に入りますね。
例え難いような雰囲気の表紙と、目を引くような題名。
そして中身は・・・

まず登場人物は「欠落」を抱えている。
そしてそれと引き換えに異能を抱えた。
この様な設定と巧みな文章力で物語が進むにつれて読者を引き込んでいく。
一言では言い表せない『黒』い雰囲気が漂う。

「日常」と「非日常」
それが食い合うとき急展開を見せる。

とにかくこの作者は文章力が高いと思った。
もちろん話も面白く、重ね重ね言うがこれは『良作』である。

2007-12-08(Sat)

護くんに女神の祝福を!〈2〉

護くんに女神の祝福を!〈2〉 (電撃文庫)
岩田 洋季
メディアワークス
売り上げランキング: 183594


晴れて付き合うこととなった護と絢子。
そして今回は学校生活の大イベントの一つである文化祭である。
そして二人は成り行きで演劇の主役をすることとなる。

二人を囲む人達による冷やかしをニコニコしながら読んでみた。
たぶんみんな付き合い始めはこんな感じなんだろーなー(・-・*)フフ♪

物語の起伏としてはそれほど激しいとは言えないんだけど、
それでもついつい次を読んでしまいますね。
そういう意味ではラブコメとして質が高いのではないだろうか?

2007-12-10(Mon)

レジンキャストミルク〈2〉

デジカメ買っちゃった(∀`*ゞ)
藤原 祐
メディアワークス (2006/01)
売り上げランキング: 43706


このシリーズは暗い雰囲気の話である。
僕が感じたのはドロドロした暗さじゃなくて晴れた日の透き通った夜空の様な雰囲気だ。
日常パートは明るい感じなんだけど、その対比が良い。

今回は現実の世界でもあるような人間関係を中心に書いてある。
そして1巻ではあまり書かれなかった「虚軸」を持つ人物が出てくる。
「虚軸」の生まれた理由によって能力が違う。
そのために登場人物の価値観は大きく異なる。

今巻も読み応えバッチリだ。

2007-12-12(Wed)

レジンキャストミルク〈3〉

P1000025.jpg
藤原 祐
メディアワークス (2006/05)
売り上げランキング: 43631


今回の主役は1巻にも出てきた「舞鶴蜜」だ。
4巻にも続いている話なんだけど、いきなり主人公達は置いてけぼりだ。

「欠落」を抱えてきる「虚軸」を持つ者たち。
巻頭での漫画で「虚軸」とは何かがわかる様になっていた。
1、2巻で世界観の設定も完了し物語は進み始めた感じ。
ついつい話の世界に入り浸ってしまった。

『正義』と『悪』とはいったい何なのかを考えさせられる。
いつも物事を見る目は一方向ではない。
今回も場面がきっちり書き分けられていて文章力の高さがわかる。

2007-12-14(Fri)

レジンキャストミルク〈4〉

レジンキャストミルク〈4〉 (電撃文庫)
藤原 祐
メディアワークス
売り上げランキング: 153702



前巻からの続きである。
つまり「舞鶴蜜」がメインと言っても良い。
4巻はそれに絡めて主人公達も動く姿が書かれている。

感想としては一人の人間を中心に(しかもサブキャラ)ここまで書ききるのは凄いの一言だ。
いつもながら雰囲気もよく、安心して読める。

主人公達と「無限回廊」
彼等はどのように引き合うのだろうか?
「虚軸」と「虚軸」の邂逅が始まった―。

2007-12-16(Sun)

レジンキャストミルク〈5〉

レジンキャストミルク〈5〉 (電撃文庫)
藤原 祐
メディアワークス
売り上げランキング: 154357



シリーズとしては大きな山場といっていいだろう。
今まで作られていた伏線が回収される様な雰囲気がビシビシ出ている。
主人公達を巻き込む事件としても大きいし、出てくる「虚軸」もたくさん居る。

非日常側に日常側の人間が巻き込まれ、物語は大きな転換を迎えた。
これまでの構成力や設定を考えてもどのようにまとめるのか気になるところである。

ぜひ読んで欲しいシリーズなのでまた続きを買ってレビュー書きますね(2007年12月現在 続き持ってない)。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。