--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-21(Mon)

狂乱家族日記 壱さつめ

狂乱家族日記壱さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 2901


正直この作品をなめていた。
明らかにヤバそうな題名からしてハズレ臭を感じていた。

が、しかし。

良くぞここまで詰め込んだ物だと感心するような出来であった。
テンポ良くスピーディーに物語は進行する。
気づいたら夜更かしして読んでいた。

内容はある共通点を持つ人間(?)たちが集まって共同生活を始めるという物である。
ここだけをみるとそんなにひねりが内容に見えるのだが、実際はとんでもない。
題名通りの『乱れた』者ばかりであったのだ。

というわけで今日急いで弐さつめを買ってきました。(∀`*ゞ)テヘッ

スポンサーサイト
2008-02-03(Sun)

狂乱家族日記 弐さつめ

狂乱家族日記弐さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 26578


勢い良く2巻へ突入。
1巻のテンションを維持しつつ書かれていた。
1巻では個性豊かなキャラに話が引っ張られていた感じもした。
そこらあたりはどうなっているかと期待しつつ読むと、まだまだキャラに引っ張られていた(良い意味で)。

そのあたりを詳しく書くと、登場人物がみな生き生きしていた、という事である。
動きすぎるキャラがいると他が隠れる場合があるのだが、そこはうまくカバーされていた。
その上で、1巻とは別のキャラに話の照準があっているらしく、僕をさらに本の中に引き込んでいった。

とりあえず続編をチェックしてみようと思っている。

2008-02-08(Fri)

まじしゃんず・あかでみい (1)

まじしゃんず・あかでみい (1) (ファミ通文庫)
榊 一郎 BLADE
エンターブレイン (2003/01)
売り上げランキング: 164427


なんかわからんけど読み終わってた(笑)
設定が凝っているとか、趣味があっているとかそう言ったのではないと思うんだけど、
気づいたら読み終わっていました。

話の概要は、主人公の少年が魔法を学ぶ学校での珍騒動である。
よくある平均的な設定のふつーの主人公が物語の中心である。

冒頭にも書いたけど知らない間に読み終わっていた(;^ω^)
とりあえず理由を探るために2巻も読んでみる事に・・・

2008-02-10(Sun)

まじしゃんず・あかでみい (2)

まじしゃんず・あかでみい (2) (ファミ通文庫)
榊 一郎 BLADE
エンターブレイン (2003/02)
売り上げランキング: 102092


2巻も読んでみた。
とりあえずさっくり終了。
僕がこいつを読めた理由がわかった気がする。
それは全体的に内容が平易なんだと思う。
設定や文章の運び、展開の仕方などなど・・・

当たり前の事だけど、内容が平易だから面白くないって言うわけではないよ。
僕が最後まで読みきれたくらいだしね。
ただ、もう少し何かがあればさらに面白い気がすることも確かである。
まだ続刊がされているようなので今後の展開に期待だね。

2008-02-15(Fri)

狂乱家族日記 参さつめ

狂乱家族日記 参さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 35532


この物語は男と女の情事を描いたものである!!

と、変な前振りをしておいて・・・
これまでに名前だけ出てきていた死神三番さんがついに登場です。
そして凶華の正体について迫る。
毎度の事ながら怒涛の展開でお送りする狂乱家族日記(お送りするのは作者さんだ)。
世界観の構築も完了し伏線を回収する段階へ突入したようだ。
・・・と言う事は面白さに磨きがかかるではないか!

そんな事を期待しつつ読んでもらえばうれしいです><

2008-02-24(Sun)

狂乱家族日記 四さつめ

狂乱家族日記四さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 43809


今回は本が分厚い!

内容は短編の集まりで物語全体を構成している。
それぞれの短編が交互に書かれていて、それぞれの主人公が異なる。
しかし全体としては一本の筋が通っている。

設定上暗い過去を持っている登場人物達であるので、話が暗くなるときがある。
しかしそこらへんは話の運び方で物語をうまくする起伏に変えられていて、
今回の話の構成の仕方を巧いものへと昇華していた。

2008-03-13(Thu)

狂乱家族日記 伍さつめ

狂乱家族日記 伍さつめ (ファミ通文庫)
日日日
エンターブレイン
売り上げランキング: 25987


毎度の事ながら展開が危ないなw
と、言う事で今回の主役は帝架である。
そんな彼が昔の知り合い『マダラ』に出会うところから始まる。

『伍さつめ』は『六さつめ』と合わせである上下巻構成だ。
なんで出来たら両方一緒に買った方がいいかもね。
続きが気になってうずうずする事間違いなしだ。(消化不良的な意味で)

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。