--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-01(Sat)

このブログについていろいろ

はじめまして。hosimituです。

このブログは自分が読んだ本の感想を書いているところです。
スタンスとしては内容に深く触れないようにしながら、
その作品を読みたくなるような文章を心がけています。

一応わかりやすいようにアマゾンのリンクを張っていますが、
ぶっちゃけた話、古本屋でも良いんじゃないかと思ってます。
と言うわけで今から本屋に本を買いに走ってください。
ε=ε=ヾ(*゚ー゚)シ  |本屋|

このブログは休みの日に記事を書き溜めて予約投稿してます。
今はストックがあるから毎日更新していますが、
そろそろネタ切れにより超低頻度不定期更新になる予定です(;´∀`)

もし紹介してある作品を読んだ方がいれば簡単なコメントとかを書いてもらえるとうれしいですね。
ただ、ネタバレを含んでいると判断した場合は勝手に削除します。
それからコメントとかはあまり返す事はできないと思います。
忙しいことが多いもので(´;ω;`)ブワッ

ついでに軽い自己紹介も入れときます。
基本ゆるゆるの性格なんで誤字脱字があると思います。
あと言葉遣いが変なこともありますがスルーの方向で。
読む本については好き嫌いはないです(`・∀・´)エッヘン!!
手が伸びたところに本があればそれが読む本です。

最後にお勧めの本とかあればコメントに適当に書いといてください(○ `人´ ○) タノンマスー
コメント残すなんて恥ずかしいわっていうシャイな方は、
拍手してもらえれば他の訪問者に伝わるはずです。

スポンサーサイト
2007-12-17(Mon)

少しの間更新ができないかもです><;

僕が学校での発表の準備のため、
べらぼーに忙しいので更新記事を書く暇が無いです。
12時間労働ヽ(´ー`)ノバンザーイ (休憩含まず)

というわけで1週間ちょっと更新できないかもですー

2007-12-28(Fri)

年末年始の予定

1週間くらいで更新できるといいながら、
個人的なデスマーチ終了後予定を入れてしまいました(∀`*ゞ)
このままの勢いで1月頭くらいまで更新できないです(><)

一応今読んでる本は『クジラのソラ』という小説です。
お正月をかけて読む予定なので、またブログが書ける環境に戻ってこれたら書きます。
2009-06-01(Mon)

ひさびさに日記っぽい記事

始めに

あえてこの何もない時期に日記を書く。
このブログはラノベの感想を書くだけのブログなので、普段の私的な日記は別のところで書いている。
気になる方はハンドルネームとかで検索して貰えれば、見つかるかも知れない。

ではなぜこの時期に日記を書くのか?
それは記事のストックが溜ってきたからだ。
というわけで、6月いっぱい頑張って毎日更新にしてみようかなと。
記事が溜ってるので公開するだけなんだけどねw

公開した記事に関して

時々過去記事のラノベの画像が無くなっていないか確認してるんだけど、
その時に記事の内容も目を通したりしている。
読んでいると中身が伝わってこない記事があって、まだまだ進歩しないとなと思う。
気持ちの盛り上がりだけで内容がさっぱり、みたいな感じ。
一応『読む→書く→熟成(誤字とかチェック)→公開』というステップは踏んでいる。

記事を公開する基準は、その本を最後まで読めたかで決めている。
面白くなかったら最後まで読めないしね。
だけど、おもしろさの点数付けはしていない。
60点くらいで何とか読めたって言うのもあれば、120点付けて抜群に面白いって言うのもある。
これは好みの問題もあるからあえて点数付けをしていない。
感想文のテンションを感じ取って貰えたなら、僕の中での点数付けもわかるかも。

書く記事に対しての思うところ

それぞれのシリーズに対して1巻の感想は一番大事だと思う。
初めてそのシリーズを買う時は絶対に1巻から買うからね。
続きを買うかは1巻を読んでから決めるだろうし。

ではなぜ2巻以降の感想も公開しているのか?
その理由の一つは2巻以降から面白くなる可能性も十二分にあると思っているためだ。
シリーズ構成上登場人物と世界観の説明だけで1巻が終わる物もあるし、
途中で新しいキャラの登場しガラッと雰囲気が変わる時もある。
また、もう一つの理由として自分が何を読んだか忘れないためって言うのもあったりするw


最後に

最後にって言うほど書く事はないんだけど、一番言いたかったのは6月は頑張るよーってこと。
結構WEB拍手とかFC2拍手とか貰っていて励みになってます。
今後もよろしくお願いしますね。

2009-07-02(Thu)

ラノベの感想の書き方

始めに

6月の始めに言った通り毎日更新してみた。
結構記事のストックが減ったね。
ストックと言っても実際読んだ本の数より少ないから、どんだけラノベ読んでんだよって話だw
ここからは以前のように月数冊になるかなぁ。

あと、左のサイドバーにある作品一覧が長くなって来た事も悩みの一つ。
読んだ作品が多くなれば仕方のない事なんだと思う。
でも、実は折りたたむ事が出来るんだぜ!

感想の書き方

それでは本題へ。
ブログを続けてこれたのは記事の書き方を構築した事もあるかも知れない。
なのでどどーんと公開しちゃおう。
といっても感想を管理しているツールを紹介するだけなんだけどねw

使っているのは『Bookshelf Application』と言うフリーソフト。


実寸台の画像も用意してみた

これの便利なところはamazonと連携していて、画像とかも一括管理出来るところ。
本をフォルダで管理したりamazonで検索で来たりと大変便利。

上の画像の一番左側が読んだ本を突っ込むところ。
真ん中辺りが感想を書いている所ね。
画像の本の記事と見比べてみて欲しい

画像では空欄になっているけど、一番右側で本を検索する事が出来る。
検索する対象を和書に限定したり、CDも含めたりと自分好みに設定できる。
自分の蔵書管理に使うツールなんだけど、それで書評管理をしているというわけ。

最後に

感想の書き方~なんてタイトルにしたけど、実際重要なのは楽しく読む事だね。
読まないと感想とか書けないもんね。
それではみなさん、良い読書を。

2009-11-11(Wed)

祝!二周年 と 七王国の玉座

このブログを始めてから昨日で二周年だ。
つまり今日から三周年目突入だ。
2007年11月11日に一番最初の記事を書いたんだね。

で、今回はちょっと趣向を変えてラノベ以外の本を紹介しようと思う。
結構古い本なんだけど、この本以上に読むのが苦労した本はない。

七王国の玉座〈上〉―氷と炎の歌〈1〉 (氷と炎の歌 (1))
ジョージ・R.R. マーティン
早川書房
売り上げランキング: 254144


氷と炎の歌シリーズだ。
第一作目の七王国の玉座は上下巻構成で、現在もまだ続いている作品。
抜群に面白かったんだけど、僕はこの七王国の玉座で読むのを終えた。

なぜなら読むのに非常に苦労したからだ。
まず文章量が多い。ハードカバー2冊なんだけど、文庫にして4冊分の文字量だ。
一ページが上下段に分かれ、ミッチリ文字が書き込まれている。
平易な文章だとしても(実際は違うが)読むのに時間がかかって仕方がない。

そしてこれが最重要なんだけど、登場人物の数が半端無い。
本の最後に家系図が載るくらいだ。
それも数ページにわたって。
いくつもの家系があるんだけど、それぞれに属する人間が大量に物語に登場する。
もう繋がりとか把握できないぜ!

読んだ当時は出て直ぐだったので、続巻が出る頃にはもうすっかり忘れていた。
現在は第四部まででいるようだ。
そして文庫版も出ているのだな。

七王国の玉座〈1〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
ジョージ・R.R. マーティン
早川書房
売り上げランキング: 59664


で、肝心の感想なんだけど物語の雰囲気は暗い。
権謀術数も多く、人の心の動きが緻密に書かれていて物語に引き込まれた。
また、主人公達全員が同じ方向に動くのではないところが話を複雑にする。
読んだ当時は二週間×4時間くらいをかけて読んだ記憶がある。
それほどまでにのめり込める作品だった。



話は変わって、ブログタイトルを『今日のライトノベルはなんだ!?』に変えました。
今後ともよろしくですー。
(o*。_。)oペコッ

2010-11-11(Thu)

4年目突入!そして太公望と奇貨居くべしの紹介

早いもので今日でこのブログも4年目突入。
何となく始めたライトノベルオンリーのこのブログも続けることができている。
前年の11月はこんな記事を書いていました。

で、今回もライトノベルとはちょっと外れた本を紹介することにする。



宮城谷昌光著の太公望だ。
ライトノベルが好きな人は一度は太公望という名前を聞いたことがあるだろう。
釣り好きな人の方じゃないよ。

太公望とは中国古典の封神演義に出てくる主人公のことだ。
封神演義とは中国のはるか昔にあった商という国における大乱を軸に
仙人と人間が入り乱れ戦う時代の躍進を題材にした物語だ。
週刊少年ジャンプでも漫画化されていたので、そのストーリーを知る人も多いかも知れない。
まだ見たことがない人は面白いので機会があれば読んで見てね。

この本の一番の特徴は太公望が『普通の人間』として書かれていることだ。
上にも書いたとおり原本は『仙人』としての太公望が主役である。
それを踏まえて人間がどの様に活躍して行くのか、そこが一番のポイントだ。
ようは仙人の力を使った「なぁなぁ」の展開が無いと言う事だ。

詳しくは読んでもらうとして、この作者の作品にはもう一つの特徴がある。
それは漢字を書き分けていることだ。
どういう意味かというと同じ読みの漢字が複数あったりすると言うことだ。
例えば『みる』と言えば『見る』と書くのが普通である。
しかし場面によって『看る』であったり、『視る』というふうにしている。
それぞれ看病したり、詳しくみたりと特別な意味を与えている。
この事により一段と鮮明に話の場面を想像することができる。

またこの作者は個人で中国の年表を作っているそうだ。
それにより史実に基づきイベントが起こり、より正しい創作となっている。
これが読み進めていく上で結構重要な伏線へと繋がっていたりするのだ。




内容とは関係無いが、僕はこの作者の作品が好きで現在出ている三国志以外は全部読んでいる。
これまで出版された作品の中に『奇貨居くべし』と言う作品がある。



この主人公は現在絶賛連載中の作品『キングダム』にも出てくる呂不韋が主人公だ。
キングダムの中では悪役側で描かれているけれど、この作品では主人公だ。

こう言ったように宮城谷昌光が書く中国古代の作品に関してははずれがない。
そして常に勝ち続ける主人公を書くのではなく、負けを経験する事を平然と書くので登場人物の深みが半端無い。
秋の夜長、とは言いにくい季節になってきたが寝食を忘れて読書してみたい時の一冊として候補に入れて見てはどうかなと思う。

また今日を一区切りとしてこれまでと同じように続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。