--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-13(Sat)

BLACK BLOOD BROTHERS〈1〉―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―



2年ほど前にこのブログのコメントで教えてもらった作品。
やっと手を出しました(ΦωΦ)フフフ…

内容はふたりの吸血鬼兄弟を中心とした話。
話は戦闘に巻き込まれる場面から始まる。
そして吸血鬼の存在を印象づけつつ、
人間と吸血鬼の違いを踏まえ、考え方や立場が明確になるように書いてある。

一巻でキチンと締めまで行っており、ちょっと試しで読んで見ようという方でもバッチリ行けるはず。

スポンサーサイト
2010-02-22(Mon)

BLACK BLOOD BROTHERS〈2〉 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区鳴動―



熱中するほどではないが、静かにゆっくりと読みたい作品だった。

多くの人が吸血鬼と言えば血を吸い、吸われた人間がまた吸血鬼になる、と言う事を知っている。
この作品では吸血鬼をさらに細分化し、その特性の違いを明確にする事で勢力を分布させている。
それにより単なる力のぶつかり合いだけではなく、知力の戦いも書く事に成功したようだ。

また、作中には『赤』や『銀』と言った色の単語がよく出てくる。
それも作品の雰囲気を作る上で役立っているように思った。

前巻に比べると少しおとなしめだが、ここが大事件の発端に当たるらしいので三巻へと読み進める事にした。

2010-02-24(Wed)

BLACK BLOOD BROTHERS〈3〉―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区震撼―



やっとこさ3巻へ。
今回はこの物語の方向性を再提示した感じ。
この物語は吸血鬼の話なんだけど、ホラーとかではなく、
主人公の吸血鬼が人間世界で暮らそうとする話。
そこで今回の事件だ。

今回は私たちが想像する『吸血鬼』と言ったポピュラーな吸血鬼が敵として登場する。
『吸血鬼』とは血を吸うことで種族を増やす種類のものだ。
人間と暮らそうとする主人公達にとっても、
そして人間にとっても非常に驚異で許してはならない存在として書かれている。
そんな対立を踏まえて、共存というテーマを書き出していた。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。