--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-16(Tue)

9S(ナインエス)


オーバーテクノロジーを巡るボーイミーツガール。
主人公の特殊性とヒロインの特殊性がうまく表現されていた。

物語は主人公がオーバーテクノロジーを使った実験生活において事件に巻き込まれる所から始まる。
命からがらそこを脱出した主人公は、その事件を解決するために投入された人物に出会う。
しかし、その人物は執拗に拘束具をはめられていた。
そしてその素顔は人の目を引きつけて止まないほどだった。

奇妙な出会いから始まった主人公とヒロインの関係は、
本人達の関係だけに留まらず、過去から続く因縁を持っていたのだった。

サクッと読んでしまったので感情移入は余りしなかったのだが、
ぶっ続けで読んでしまうほど展開が気になった。

スポンサーサイト
2010-11-21(Sun)

9S(ナインエス) (2)


一巻があまりにも綺麗に終わりになったので、
どの様に続くのかと思っていたらまさかこう言う展開か。
そうだね。ボーイミーツガールだもんね。

今回はオーバーテクノロジーの品を狙う組織が暗躍する。
人々の興味を引きつけて止まないそれは、必然的に多くの人に狙われる。
今回そんな渦中に飛び込む形で話が進む。

話自体はとても面白いんだけど、時々ちょっと引っかかるんだよなぁ。
以前に出来なかったことや否定したことで、後半で真反対のことを言っていたりした。
ギャグストーリーなら気にならないんだけど、結構シリアスだったりするので目立つ。

2010-12-09(Thu)

9S(ナインエス)〈3〉


上下巻構成だった。
3巻だけではもやもやが残る、のではなく、続きが気になって仕方ない症候群にかかるだろう。

今回はあからさまな『怪物』達が出てくる。
そしてそれらの間には何らかの関係が存在するようだ。

また、主人公にも変化が出てきた。
前巻でその変化が示唆されていたんだけど、
それについての話が進み始めたって事ね。

続きは4巻で。

2010-12-12(Sun)

9S(ナインエス)〈4〉


前巻からの続き。
今回のテーマは進化じゃなかろうか。

このシリーズはオーバーテクノロジーを中心とした話なんだけど、
ついに主人公達がそのレベルに追いついたと思われる。
具体的に何かを創り出したわけではないが、
考え方のレベルでそれに近い事をしていた。

また、敵味方に『脳』と言うキーワードで繋がりがあった。
それは主人公、ヒロイン両方の過去にも関するもので、
物語は広がっていくのだが軸がしっかりとある印象を与える。

2011-02-16(Wed)

9S(ナインエス)〈5〉


ドキドキワクワク、そんな言葉がぴったりだった。
移動から戦闘、その過程にいつも緊張感が漂っていて飽きさせない。
小休止の場面もあるのだが、常に敵の存在が意識されており、
これまで以上の雰囲気を作り出していた。

また、出てくるオーバーテクノロジーも魔法と大差がないレベルに到達した。
原理がわからない科学は魔法と等しいと言うのに非常に納得。
あえて理屈を語らないのも必要なのだな。

2011-02-19(Sat)

9S(ナインエス)〈6〉


まさかの上中下巻構成。
これはその中巻にあたる。

前巻ではまれにみる緊迫感が漂っていたので、
今回はそれを解決するのだろうなーと思って読んでいた。
しかし、作中では主人公・闘真の過去などが入っており、
ギリギリの所で次巻へ続くとなっていた。

また話の進む方向が登場人物達の思惑と異なった方へ進むのも良かった。
これまでは主人公サイドの有利な方へと進んでいたのだが、
今回は敵サイドの方にも進んだりしていた。

2011-03-14(Mon)

9S(ナインエス)〈7〉


盛り上がり方は絶好調。
よくこれだけのテンションを保てるなと感心するほど。
また、途中に入る緊迫感を紛らわそうとしている登場人物達の行動が雰囲気を作っている。
それほどに戦闘が絶望的状況で、しかし覆さなければならないのだと伝わってきた。

最後まで読んだらわかるのだけど、どうやら盛り上がりはこの巻では終わらないらしい。
読む方の体力が続く限り全力疾走のようだ。
と言うわけで、8巻へと続いていく。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。