--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-13(Mon)

迷い猫オーバーラン! ― 拾ってなんていってないんだからね!!



読者の読み力があれば新境地が開ける!
そう、これは新しいツンデレの誕生だ。

ツンデレと言えば普通『ツン→デレ』という遷移があるはず。
しかしこの作品のヒロインはツンのみ。
デレ成分無いのかよ!
待て待て。良く読めばわかる。
言葉の裏、全てがデレ成分なんだよ。

整理するとツンで構成された文章から、読者がデレ成分を読み取る事が可能なのだ。
あからさまな文章で書くのではなく、裏を読ませる方法。
なるほど、これは新しい。

ちょっとキャラの設定が煩雑な気もするけど、
読み進めるのにはあまり関係なくサクサク読めた。

スポンサーサイト
2009-11-07(Sat)

迷い猫オーバーラン! 2 ― 拾わせてあげてもいいわよ!?



わがまま幼女(同級生)のなりふり構わない暴走紀。

主人公の都築巧は洋菓子店で働く高校生。
彼の周りには多くの友人がいるのだが、その一人に梅ノ森千世がいる。
彼女は自分が思ったとおりに世界が回らないと気に入らない性格で、そう回るようにする権力を持ち合わせていた。
しかし、そんな彼女でさえもどうにも出来ないのが、主人公である。
どうしても主人公にかまって欲しい千世はとんでも無い方向に暴走し始めて・・・。

一巻とは違いキャラの立ち位置が結構しっかりしてきたので、
登場人物の掛け合いも面白くなってきたと思う。

2009-11-17(Tue)

迷い猫オーバーラン! 3 ― …拾う?



今回は一巻で拾われてきた少女、希が中心となった話だ。
その彼女の過去と、体育祭でのブルマ・スパッツ抗争が折り重なり物語は進む。
健康的なブルマか、隠された部分を想像せざるを得ないスパッツか。
どちらが良いかと問われればそれは……

……閑話休題。
これまであまり自分を主張しなかった希にとって、転換期が訪れたようだ。
それは主人公と、彼の周りの美少女達にも関わる事だ。
ラブコメはやっぱりこの微妙な人間関係がおもしろいんだよね。

はたして物静かな少女、希の主張とは?
ブルマとスパッツの勢力分布とは?
気になる内容はサクッと読んじゃってください。

2009-12-20(Sun)

迷い猫オーバーラン! 4 ― みんな私が拾います



新しいキャラが出てきた。
今度は金髪碧眼ロリだ。
困っている人を引きつけて止まない、もしくは自分で飛び込む乙女が連れてきた。

今回は前巻ほど盛り上がらなかったが、所々でほろりと来る場面も。
また、主人公の過去話も後ろに隠れており、
ここまで読んで来た人ならば『なるほど~』と思うだろう。

そして結末もテンプレ通りではなく、少しひねりがきいていた。

2010-01-23(Sat)

迷い猫オーバーラン! 5 ― 本気で拾うと仰いますの?



時季イベントを織り交ぜつつの展開がうまい。
日付的に前巻のクリスマスイベントからの続きなんだけど、
お正月のイベントの代わりになんと入院生活を書いたり、
バレンタインデーの恋愛戦争なんかが書かれている。

ハーレムを形成する少女達の三角関係が、
前巻の対立の形とは違う協力というのも気になるところ。
前巻は足の引っ張り合いで、今巻は頭の押さえ合いみたいな感じかな?
ただ、今回は三人だけが恋愛に絡んでくるのではないと言うところがミソ。

新しい登場人物が予想以上のスパイスとして聞いてきて、
最後にはまれに見る男気を発揮する事となっていた。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。