--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-23(Fri)

超鋼女セーラ

超鋼女セーラ (HJ文庫)
超鋼女セーラ (HJ文庫)
posted with amazlet at 10.04.23
寺田 とものり
ホビージャパン
売り上げランキング: 248549


恋人は美少女ロボット。
これだけを聞くとよくある作品と思いがちだが、中身は魅力満載だった。

主人公の茸味(たけみ)とヒロインのセーラが出会うところから始まる。
年上女房のセーラの熱愛宣言からストーリーは動き出すのだけど、
茸味は最初はセーラがロボットだと知らない。

よくあるのは、起承転結の転の部分で正体がわかるの事だと思う。
それを知った主人公がとまどい、しかしやはり好きな気持ちは変えられないと言う。
なんだけど、この作品は結構最初に正体を知ってしまう。
序盤からとまどいながらキチンと折り合いを付け、最後には手を取り合うと言う段階が良かった。

余談だけど、娘を持った男親って言うのは切ないなとしみじみ思う場面があった。

スポンサーサイト
2010-05-12(Wed)

超鋼女セーラ (2) ロボ娘はボクの夢を見る

超鋼女セーラ (2) ロボ娘はボクの夢を見る
寺田 とものり
ホビージャパン
売り上げランキング: 296428


1巻に増して甘々な感じ。
ごちそうさまです。
離れていても『のろけ』という行為で茸味(たけみ)とセーラの関係を表現している。
そののろけに対して周りの人物達がキチンと反応しているので恥ずかしさ倍増だった。

今巻は前巻と違って戦闘シーンは控えめかな?
日常シーンや過去話を入れつつ話が進んでいく。
なので物足りないと言えば物足りないかも。
あとがきにもあるんだけど、1巻2巻で一区切りらしいのでプロローグが終わりらしいので、
1巻2巻は続けて読むのが良いかも知れないね。

あと、ほんの少ししか出てこないけど、やはり男親は・・・(´Д⊂グスン
それから『茸味(たけみ)』を何度も『きのこあじ』って読んでしまうのは仕方ない。
――きのこあじって・・・すごい。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。