--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-11(Sun)

狼と香辛料

狼と香辛料 (電撃文庫)
支倉 凍砂
メディアワークス
売り上げランキング: 666



この物語の主人公であるロレンスとホロとの出会いの場面。
物事はいつも唐突で運命は今ある知識で対抗するしかない。

まず初めに『狼と香辛料』と言う題名から興味を引く物がある。
よくあるファンタジーものとは違った感じであるのだが、
小説を読み終えたあと表紙を見ればその意味が深く感じれるようになる。

物語の中身はと言うと凄いと言う以外に言えない。
会話のやり取りが知的な感じでサラサラと流し読みでは中身がつかめなかった。
ゆっくり読むと言葉の端々までもが考えられていると感じた。

とにかくこいつは必読のシリーズであることに間違いはない。

スポンサーサイト
2007-11-12(Mon)

狼と香辛料〈2〉

狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫)
支倉 凍砂
メディアワークス
売り上げランキング: 777



今回は失敗から物語りは動き出す。
ゼロからのスタートではなくマイナスからのスタートである。

商人が主人公の物語であるので『人の繋がり』がキーポイントの一つである。
今回も新しい出会いがあり、そこにやり取りが生まれる。
しかし根っからのお人好しのロレンスは、
ホロを巻き込んで更なる面倒ごとにまで巻き込まれる。

結末を迎えるまで存分に楽しめる作品である。

2007-11-13(Tue)

狼と香辛料〈3〉

狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)
支倉 凍砂
メディアワークス
売り上げランキング: 698



知的な掛け合いはいつも通り。
今回はそれに加え感情のやり取りが大きく加わっている。

端的に言うとロレンスとホロ、そして新しく登場した男との間の三角関係である。
中盤くらいまでは伏線の投売り状態だが、終盤に向かって凄い勢いで回収されていく様は秀逸。

なによりも『人との繋がり』と『成長』に関しては舌を巻いてしまった。
3巻も今までの期待を裏切らない作品だった。

2007-11-18(Sun)

狼と香辛料〈4〉

狼と香辛料 (4) (電撃文庫 (1390))
支倉 凍砂
メディアワークス
売り上げランキング: 1104



もっとも共感できる危険と言えばそう、身の危険である。
今回のお話は旅をしていくうえで遭遇しやすい部類の『猜疑』についてだ。
閉鎖的な村と言う空間で疑われると言うことはすなわち身の危険が発生することである。

物語は着々と進行しホロの故郷であるヨイツへと近づいていく。
しかし一筋縄には行かないのであった。
金と権利、そして地位と命。
それらが天秤にかけられるとき人は想像もしない事態に見舞われる。

果たしてロレンスとホロはどのように解決を図るのか?
そしてヨイツへの手がかりは?
読みたくなる要素が盛りだくさんの作品であった。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。