--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-24(Thu)

レンズと悪魔〈1〉魔神覚醒

レンズと悪魔〈1〉魔神覚醒 (角川スニーカー文庫)
六塚 光
角川書店
売り上げランキング: 329618


タマラセ』の作者が書いた別シリーズ。
これはこれで面白い。
『タマラセ』の様な緊迫感や焦燥感とは別の、
謎が迫ってくる感じや戦闘時の高揚感が感じ取れる。

レンズというモノを装着する事によって悪魔を召喚する世界。
その中で主人公は『氷結の魔神』のレンズを手にする。
それはなんと殺し合いへの招待状だった。

まだまだ話の始まりの部分でしかないので若干もっさりした内容だが、
世界観の構築や登場人物の変態さは折り紙付きだった。

スポンサーサイト
2010-06-26(Sat)

レンズと悪魔〈2〉魔神跳梁

レンズと悪魔〈2〉魔神跳梁 (角川スニーカー文庫)
六塚 光
角川書店
売り上げランキング: 297583


八眼争覇とは何なのか?
レンズとはいったいどの様なものなのか?
その辺りは前巻で大体説明されたので、今巻はストーリーが大きく進み始める。

八眼争覇の登場人物はその名の通り8人なんだけど、
その1人が主人公達に戦いを挑んでくる。
登場人物がコンビを組む魔神の強さが、他の魔神と比べられていないので、
物語の展開を予測する要素が非常に少ない。
それ故に話がどうなっていくのか分からず読むのを楽しめる。

また、敵以外の登場人物も出て来始め話は膨らむばかりだ。

2010-07-17(Sat)

レンズと悪魔〈3〉魔神攘戮


主人公側の登場人物達がみんな関わっている10年前の虐殺事件。
ある者はそこで家族を失い、ある者はその事件に直接関わった。
そして今回登場するのはその事件を引き起こしたとされる人物だ。
その彼はなんと八眼争覇の参加者だったのだ。

今回でてっきり謎が解決するのかなーと思っていたんだけど、
新しい謎を生み出して次の巻へと続いていた。
どうやらその謎は八眼争覇が終わるまではわからないままなのかも知れない。

2010-07-30(Fri)

レンズと悪魔〈4〉魔神幻世


今回は一つ前の八眼争覇の参加者が出てくる。
その八眼争覇の結末はどの様な物だったのか?
それは気になる所なんだけど、それを知る前に主人公は殺人事件に巻き込まれる。

と、これが一番の目玉なんだけど、実際は短編集で他に2話入っている。
それぞれが短いながらしっかりと雰囲気がある。
たとえば万力が飛び交ったり、ギャグが入っていたりと言う事だ。
本筋とはあまり関係無いが面白かった。

2010-08-21(Sat)

レンズと悪魔〈5〉魔神陥落


今回は激しい戦闘が繰り広げられる。
魔人対魔人ではないんだけど、『チキュウ空手』と言うヘンテコな格闘技が大活躍する。
まったく持って創作の格闘技なんだけど、
みんな普通に知ってますよ~みたいな感じで出してくる辺りがさすがだな。

そして過去の虐殺事件で使われたレンズに関しても話が進む。
いったいそのレンズにはどんな悪魔が潜んでいるのか、
そしてそれを使うにはどんな条件が必要なのか。

前巻のゆっくりしたものとは違い、今巻は結構なスピードで話が進んだ。

2010-09-02(Thu)

レンズと悪魔〈6〉魔神応報


前巻からの続き。
10年前の虐殺事件で使われたレンズには『しろがねの悪魔』なる物が収まっていた。
そしてその存在を復活させようとする者も現れる。

確固たる悪役を登場させ、物語の盛り上がりがしっかりしていた。
若干ぶっ飛んだ性格をしているけど、その存在感は大きく悪役として申し分ない。
また魔人も多く登場しこの巻が一つの山場であることは確実だ。

2010-09-29(Wed)

レンズと悪魔〈7〉魔神決壊


今回は短編集。
といっても2話収録で中編と言っていいかも。
本筋とは関係なく主人公達が暴れ回っていた。

片方の話にまた新しいヘンテコなモノが。
『スパイクボール』と言うホッケーみたいな競技なんだけど、
玉と同時に人を殴るというとんでもない競技。
色々事件があってそれに参加することになった主人公が暴れるという話。
その裏で事件を解決する動きもあり、短いながら膨らみがあった。

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。