--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-17(Wed)

緋弾のアリア

緋弾のアリア (MF文庫J)
赤松 中学
メディアファクトリー
売り上げランキング: 12027


アストロノト!』を書いた作者の2作品目。
今回もまとめ方がうまいなぁと思いつつ読んだ。

武力を行使する探偵――通称「武偵」を養成するための学校が舞台。
主人公の遠山キンジは、そこの探偵科に所属する学生だ。
彼は『特殊な能力』を持つが、その能力を隠して生活をしていた。

しかし唐突に空から女の子が振ってくる事によって一変する。

『熱い』とは言わないが、登場人物達が感情豊かに動き回る。
その辺の見せ方がうまく、次へ次へと読んでいた。
さて、さっそく2巻へと読み進めるか。

スポンサーサイト
2009-06-18(Thu)

緋弾のアリアⅡ

緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷(ダイヤモンドダスト) (MF文庫J)
赤松 中学
メディアファクトリー
売り上げランキング: 7702


前巻からちらっと出てきた『星伽 白雪』がヒロインとして力を発揮する。
若干ヤンデレの雰囲気を醸し出してるのだけど、
ときどき『KILLデレ』になるんじゃないかという過激ぶり(ヤンデレにあらず)。

彼女は超能力捜査研究科に所属しており、
物語を作る上で重要な位置づけにあると考える。

そんな彼女とアリア、そして主人公の三角関係がとんでもなく鋭利になる。
任務はボディーガードだが、果たして敵は誰なのか?

とりあえず『KILLデレ』が気になる人は読んどけー。

2009-06-22(Mon)

緋弾のアリアIII

緋弾のアリアIII (MF文庫J)
赤松中学
メディアファクトリー
売り上げランキング: 3914


探偵なのに泥棒!?

そんな第3巻は、ある館への潜入のお話。
主人公の女友達である理子の大事な物を取り戻す。
それは主人公の過去へと通じる物であり、
パートナーのアリアも必然的に巻き込まれる。

表紙の少女が理子なんだけど、
そんな彼女はとんでもない小悪魔。
あの手この手で主人公を陥落させようと迫ってくる。

主人公達3人がどの様に泥棒するのか。
そしてその結果は何に繋がっているのか。
最後には次巻へと続くとんでもない登場人物が現れるのでぜひ読んでみてね。

2010-02-05(Fri)

緋弾のアリアIV

緋弾のアリアIV (MF文庫J)
赤松 中学
メディアファクトリー
売り上げランキング: 80831


後半から盛り上がってくる。
前半は謎を膨らましつつ期待をあおる。
ラブコメのお色気シーンは少ないけど、
主人公とヒロインの距離が近づいている事がわかる。

戦闘シーンに関しても小さな伏線があって、
これはあそこに繋がっていたのかーと思うところもあった。
ただし、最後の戦闘ではいまいち緊迫感が伝わらなかった。

一応この巻で区切りは付いているのだけど、
盛り上がったまま終了、そして次巻へ続くとなっているので期待したい。

2011-04-27(Wed)

緋弾のアリアV 序曲の終止線(プレリュード・フィーネ)


主人公達の前に立ちはだかる謎の組織『イ・ウー』。
ついにその組織のボスが登場した。
これまでに組織の一員は出て来ていたんだけど、
何が目的なのかイマイチわからないまま戦ってきた。
しかしボスの登場でその目的が明かされた。

ボスの正体はまさかと思う展開で、
主人公達の人間関係から考えると驚きの一言だった。

5巻くらい続いてくると本のテンションも下がってくることが多いのだけど、
このシリーズはまだまだ盛り上がるようで1巻から一気買いしても良いだろう。

2011-05-04(Wed)

緋弾のアリアVI 絶対半径(キリングレンジ)2051


第6巻。
ここからは新章開始と言ったところか。
これまではキンジとアリアが中心となって話が進んでいたんだけど、
6巻は表紙にあるようにレキがヒロインとなっていた。

で、一番重要なのはあのキンジが完全ヘタレ状態になってしまうところだ。
これまではヒステリアモードでウハウハしてたんだけど、
そのイメージを一掃するように違った展開が書かれていた。
ドラゴンボールとかで新しい敵が出てくる時の絶望感といった感じ?
前巻では戦闘力のインフレがあったけど全然問題なしだ!

そしてサブタイトルの『絶対半径2051』の意味は読んだらわかる。
まぁサブタイトルから中身を想像することは全くできないので、
読んでいたら『あーこの事か』と思うくらいだけど。
実際この意味するところが可能なのかはわからないけどね。

2011-06-23(Thu)

緋弾のアリアVII 火と風の円舞


キンジさん、人間やめちゃうのん?

武偵は個人でも集団でも動く。
それは巨大な組織と戦う時は武偵もチームで動くと言う事。
主人公達のチームも一騎当千のキャラが集まっており、
総合力は相当高いものとなっている。

しかし、相対する敵はその上をスルッと乗り越えていく。
今回の舞台は新幹線。
小説という読むのに時間がかかるメディアでスピード感溢れる話を展開する。

また、主人公のキンジはヒステリアモードという無双状態がある。
これは性的興奮があると能力が格段に上昇すると言うものだ。
このおかげで並み居る超人達との戦闘を乗り越えてきたのだけど、
ここに来てさらに磨きがかかってきてヤバいことになっている。
読んだ人はこう思うだろう。

キンジさん、人間やめちゃうのん?

レーベル別
広告
作品一覧
最新記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Web拍手
ブログ内検索
プロフィール

プロフィールページへ。クリックしてみてね。

Author:hosimitu


目標
週に一冊くらいはラノベを読みたい

電撃文庫を中心に、MF文庫Jやファミ通文庫、角川スニーカー文庫などのライトノベルの感想とかレビューを書いてます。
中身については極力書かないようにしながら、作品の魅力を伝えようとしています。
リンクフリーです。
お問い合わせフォーム
手動で入力してね

人気ページランキング
管理人イチオシ
ブームが来そうな作品達
リンク
レビューサイトたち。
どのサイトもレビューがうまいね。
RSSフィード

ブログパーツ
ブログランキング
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。